阪和興株が反発、鋼材価格高で来期大幅増益期待-野村証新規「買い」

鉄鋼主体の独立系商社の阪和興業 の株価が前日比5.6%高の397円と、2009年7月29日以来、7カ月半 ぶりの高値圏を回復した。鋼材価格の上昇により来期(11年3月期) 業績が大幅に改善するとの見方が出ている。

野村証券は11日付で、同社株を投資判断「1(買い)」でカバー を開始した。目標株価は460円。担当の曽田大地アナリストは投資家向 けのメモで、「来期は鋼材価格の上昇と需要の回復を背景に事業環境が 改善することに加え、積極的な在庫スタンスが奏功する」ことから、大 幅な営業増益が見込めると分析する。

野村証の連結営業利益予想は今期(10年3月期)が130億円と、 会社側計画の148億円を下回るが、来期は178億円と急回復を見込んで いる。

野村証はそのほかの鉄鋼商社についても、JFE商事ホールディン グスを「1」、日鉄商事と住金物産を「2(中立)」でそれぞれカバー を開始した。株価はJFE商Hが前日比11%高の381円、日鉄商事は 同3.9%高の162円、住金物産は同1.5%高の199円までそれぞれ上昇 する場面があった。

-- Editor:Makiko Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 浅野 文重  Fumishige Asano +81-3-3201-7137 fasano@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE