銅相場:中国の需要で最高値を更新、9000ドル超えへ-サクデン予想

英サクデン・ファイナンシャルは、 銅相場が今年、過去最高値に達し1トン当たり9000ドルを超えると みている。中国の輸入が予想を上回ることや欧米諸国の需要回復を理 由として挙げている。

サクデンでアジアの事業開発を統括するジェレミー・ゴールドウィ ン氏はインタビューで、中国が引き続き銅相場のけん引役となり、月間 平均20万トンを輸入すると予想。欧米諸国の輸入も純増する可能性が あるとの見方を示した。

銅相場は年初とほぼ変わらずの水準で推移している。2008年7月 には過去最高値の1トン当たり8940ドルに達したが、その2カ月後に 米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破たん。世界経済はリセ ッション(景気後退)に陥った。中国による景気刺激策導入に伴い、銅 相場は昨年、2倍以上に上昇した。中国は世界最大の金属消費国。

ゴールドウィン氏は「どの要因よりも中国が銅を必要としているこ とが主材料になる」と指摘。「中国で不足している商品はどれも長期的 に見て堅調な投資先だ」と述べた。同氏は銅業界で25年の勤務経験が あり、07年には銅相場が最高値に達すると予測し的中させた。

--Li Xiaowei. Editors: Jake Lloyd-Smith, Tan Hwee Ann

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Xiaowei in Shanghai at +86-21-6104-7023 or Xli12@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Poole at +65-6212-1551 or jpoole4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE