日清紡株H反発、来期営業益130億円の報道-エレクトロニクス改善

日清紡ホールディングス株が反発。 同社の鵜沢静社長が、2011年3月期の連結営業利益が130億円程度と、 今期予想比で100億円改善する見通しを明らかにしたと、12日付の日本 経済新聞朝刊が報じた。エレクトロニクス事業が黒字転換するうえ、繊 維事業も損益ゼロ程度となるといい、業績改善期待が高まっている。株 価は一時前日比37円(4%)高の965円まで上昇、約5カ月半ぶりの高 値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE