英蘭系シェル:国際石油開発帝石にブラジル沖鉱区の一部権益売却

欧州の石油大手、英・オランダ 系のロイヤル・ダッチ・シェルは、ブラジル沖の油田鉱区の権益の 一部を国際石油開発帝石に売却したことを確認した。

シェルは11日に電子メールで配布した資料で、BM-ES-23鉱区 権益の15%を売却したと説明した。この鉱区はブラジル石油公社 (ペトロブラス)が65%の権益を保有して操業している。

売却金額などの条件は開示していない。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Peter Millard in Mexico City at +55-21-2125-2531 or pmillard1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jessica Brice at +55-11-3048-4533 or jbrice1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE