日銀:新型オペ供給額の倍増議論へ、16日からの決定会合で-日経

日銀が16日から2日間の日程で開 く金融政策決定会合では、年0.1%の固定金利で金融市場に資金を供給 する「新型オペ」の供給額を現行の10兆円程度から20兆円程度に引き 上げることが議論の軸になる見通しだと、12日付の日本経済新聞朝刊が 報じた。デフレ克服に向けた強い姿勢を示すため、来週の会合で決定す べきだとの声が日銀内では強まりつつあるとしている。取材源は示して いない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE