NY天然ガス先物:16週間ぶり安値-高水準の在庫と穏やかな天候で

ニューヨークの天然ガス先物相 場は約16週間ぶりの安値まで下げた。米政府が発表した在庫統計 で、暖房シーズンの終了時期に天候が平年より穏やかとなりガス在 庫が十分な水準で維持されるとの見通しが示されたことが要因。

米エネルギー省が11日発表した在庫統計によると、ガス在庫 は5日終了週に1110億立方フィート減の1兆6260億立方フィー トとなった。これは、前週と同じく過去5年平均を1.2%上回る水 準。暖房需要の拡大により、在庫は例年、この時期に減少する。

調査・取引会社ウィーデン(コネティカット州)の調査ディレ クター、トム・オール氏は「在庫が過去5年平均をわずかに上回る 水準を維持したまま暖房シーズンが終了しつつある」と指摘。「寒 気が収まって材料はもうない。在庫が再び積み上がるとの見方が広 がっているため興味深い展開は期待できそうにない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場4 月限は、前日比11.9セント(2.6%)安の100万BTU(英国熱量 単位)当たり4.44ドルと、終値としては昨年11月20日以来の安 値を付けた。年初来で20%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE