FRBの総資産、ほぼ変わらずの2兆2900億ドル-週間統計

米連邦準備制度理事会(FRB) が11日発表した10日終了週のバランスシート(貸借対照表)週間 報告によると、総資産は前週比ほぼ変わらずの2兆2900億ドル (約207兆円)だった。住宅関連証券の保有が増えた。

発表文によると、10日現在の総資産は前週比23億2000万ドル (0.1%)の増加。住宅ローン担保証券(MBS)の保有残高は23 億4000万ドル増の1兆300億ドル、政府支援機関(GSE)債は 15億ドル増の1690億ドルだった。

FRBは、金融機関の破たん回避を目的に導入した緊急措置の 撤回を進めつつ、景気拡大の促進に取り組んでいる。2月1日には 流動性供給プログラムの大半を終了した。今月末までにMBSとG SE債の買い入れも打ち切る方針だ。

10日現在、継続中のターム物資産担保証券ローン制度(TAL F)に基づく融資の残高は445億ドル。消費者や小規模企業の借り 入れ促進を目的に導入されたTALFは、新規の商業用不動産ロー ン担保証券(CMBS)対象分を除いて今月打ち切られる。CMB S対象分は6月まで継続する。

8日に最後の入札が行われたターム・オークション・ファシリ ティー(TAF)に基づく商業銀行向け貸出残高は、前週比変わら ずの154億ドルだった。過去最高は昨年3月の4930億ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE