NY銅先物:上昇、供給不安高まる-チリでM6.9の地震

11日のニューヨーク銅先物相場は 上昇。世界最大の銅生産国であるチリでこの日地震が発生し、供給不 安が高まった。

米地質調査所(USGS)がウェブサイトで発表したところによ ると、ニューヨーク時間午前9時40分(日本時間午後11時40分)ご ろ、チリの首都サンティアゴの南西約148キロメートルにあるリベル タドールオイギンスでマグニチュード(M)6.9の地震が発生した。 死者が400人を超えた先月27日の大地震(M8.8)では鉱山が一時閉 鎖され、銅相場は3日間にわたり上昇した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッド金属 ディーラー、フランク・マギー氏は「銅相場は地震に反射的に反応し、 上昇した」と述べた上で、「地震が起きるたびに道路や設備にさらなる 被害が出ることが懸念され、全般的なインフラ問題を引き起こす」と 指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場5月限終値は前日比0.9セント(0.3%)高の1ポンド=3.377 ドル。先月26日以降2.8%値上がりしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE