米BOA:ホームエクイティローン事業、損失は吸収可能-CEO

米銀バンク・オブ・アメリカ(B OA)のブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は、同 行が有する1490億ドル(約13兆4830億円)のホームエクイティロ ーン(住宅評価額から住宅ローン残債を差し引いた含み益を担 保とした融資)ポートフォリオについて、損失は吸収可能との見方 を示した。住宅価格は過去4年間下落基調にある。

モイニハンCEOは10日、ニューヨークで開かれた投資家向け会 議に出席し、「ホームエクイティローンに伴う損失は当行にとって は大きな問題ではない」と述べ、ホームエクイティローン事業は 「順調ではなく」、不良債権も高い水準にあるが、「評価損に関し ては当行にとって大きな問題ではない」と続けた。

モイニハンCEOによると、同行のホームエクイティローン債権 のうち、残高が物件価値を上回っているケースは計430億ドル相当。 このうち80%以上の返済が継続中という。BOAは四半期ごとに約 15-20億ドルのホームエクイティローンを償却していると同CEO は語った。

モイニハンCEOは「比較的問題のない状態で、順調ではないだ けだ」、「ホームエクイティローン事業は損失を出しており、この 先数四半期は赤字が続くだろう」と述べた。

原題:BofA ‘Comfortable’ Bank Can Absorb Home-Equity Losses (Update1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE