ECBのメルシュ氏:欧州版IMF構想は「ファンタジー」の産物

欧州中央銀行(ECB)の政策委 員会メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は、国際通貨基金 (IMF)の欧州版、いわゆる欧州通貨基金(EMF)をめぐる議論 を後押ししているのは「ファンタジー」だと指摘した。

同総裁はルクセンブルクでEMF構想について尋ねる記者団に対 し、「金がないときにはいつも、たくさんのファンタジーがわく。頭で 考えるのも許されないというわけではないが、他人の金を使って政策 を立てることがそれほど簡単だとは考えないよう注意すべきだ」と述 べた。

ECB政策委員会のメンバーでEMF構想に異議を唱えたのは、 シュタルク理事とウェーバー独連銀総裁に続きメルシュ総裁で3人目。 ECBのトリシェ総裁は10日、まだ詳細を知らないが、ECBとし てはこの提案を排除しないと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE