ECB:金利は「適正」、潤沢な流動性供給を続ける-月報

欧州中央銀行(ECB)は近く利 上げをする意向がないことを示唆するとともに、銀行システムへの潤 沢な流動性供給を続けると表明した。

ECBは11日発表した3月の月報で、「現行の政策金利は引き続 き適正」との認識を重ねて示した。内容は3月の政策決定後の声明と 同様。「ユーロシステム(ECBと域内各国中銀)はユーロ圏の銀行シ ステムに非常に有利な条件での流動性支援供給を続ける」と表明した。

ECBは4日の政策委員会で政策金利を据え置くとともに、週間 オペでの応札額全額供給を少なくとも10月12日まで継続すると発表 した。3カ月物については変動金利入札に戻すことを発表。6カ月物 と1年物は既に終了を決めている。

ECBは月報で、「これらの決定によって、非伝統的政策措置を必 要以上に長引かせることで生ずるゆがみを回避できる」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE