英HSBCプライベートバンク、1万5000口座の情報が盗難 (Upadte1)

英銀HSBCホールディングスの スイスのプライベートバンク部門は、現存の1万5000口座の詳細デ ータが元従業員による窃盗に遭ったことを明らかにした。

ジュネーブを拠点とするHSBCプライベート・バンク(スイ ス)の11日の発表によると、情報技術(IT)部門の元従業員が約 3年前に口座情報を盗んだ。2006年10月までに閉鎖された口座 9000件についてのデータも盗まれていたという。同行の現在の口座 数は約10万件。

プライベートバンクのアレクサンダー・ゼラー最高経営責任者 (CEO)はジュネーブで記者団に対し、「顧客のプライバシーが 脅かされている」として、「この状況について深く反省し顧客に心 から謝罪する」と述べた。1億スイス・フラン(約84億円)を投じ てセキュリティーを改善する計画も示した。

盗難に遭ったデータを入手したフランス当局はスイス側に、情 報を「不適切に」利用することはしないと伝えたという。ドイツの メルケル首相は先月、スイスの銀行口座に関する情報を同国政府が 買い取ることもあり得ると述べていた。

スイスは国際的な税務調査への協力をめぐる条約で各国と交渉 しており、HSBCのデータ盗難事件は摩擦の火種となっている。 スイス政府は1月に、盗難が絡む件では外国政府への協力を禁じる 法案を作成する意向を示した。仏政府は昨年12月に、元HSBC従 業員から入手したものを含めフランスの納税者がスイスに持つ銀行 口座についてのデータを所有していることを明らかにした。スイス はHSBC問題を理由に同月、条約に関するフランスとの交渉を停 止している。

HSBCは、「盗まれたデータによって第三者が顧客口座にア クセスしたことはまだなく、今後もそれが可能だとは考えられない」 としている。

スイスの銀行監督当局、FINMAはこの日、昨年12月以来H SBCと緊密に連絡を取っていると電子メールで公表した。HSB Cに対する行政手続きを開始したとし、盗難が起こり得た状況を調 査していると説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE