今日の国内市況:株式3日ぶり反発、債券は先物主導で下落-円は上昇

東京株式相場は3日ぶりに反発。 政府の月例経済報告で景気の基調判断が上方修正される見通しとの報道 を受け、内需関連業種に買いが入った。その他金融、小売、不動産が東 証1部の業種別上昇率の上位。為替が円安方向に動いたため、業績懸念 の後退から電機や精密機器など輸出関連も高い。

日経平均株価の終値は前日比101円3銭(1%)高の1万664円 95銭、TOPIXは同7.94ポイント(0.9%)高の930.38。

日本政府が3月の月例経済報告で景気の基調判断を上方修正する 方針を固めたと11日付の日本経済新聞朝刊が報じた。中国向けなどの 輸出が好調で生産活動は伸長、景気は着実に持ち直しているとしている 。上方修正されれば8カ月ぶりで、同報告は15日に公表予定。一方、 内閣府は10日、国内民間設備投資の先行指標である機械受注(船舶・ 電力を除く民需)の基調判断を4カ月ぶりに上方修正していた。

国内景況感の改善に加えて、来週16-17日に日本銀行が開催す る金融政策決定会合で追加的な金融緩和策が示されるとの期待も強く、 きょうの東京市場では内需株の上昇が目立った。アコムやプロミスなど 消費者金融株が買われ、ヤマダ電機やイオンなどの小売株、三菱地所な ど不動産株も高い。大成建設など建設株、大和証券グループ本社など証 券株も堅調。

また、円相場が対ドルや対ユーロで前日より安く推移。為替採算 の悪化懸念が後退して、ソニーが5日続伸で連日の昨年来高値を更新し たほか、TDK、京セラ、ミツミ電機が日経平均のプラス寄与度上位に 並ぶなど輸出関連株にも投資資金が向かった。

日本時間午前11時に、中国で発表された2月の消費者物価指数 (CPI)が市場予想中央値を上回る伸びとなったことを受け、同国で のインフレ加速抑制に向けた金融引き締めに対する警戒感が浮上。上海 総合株価指数など中国株が下落転換した影響で、日経平均は午後の取引 開始直後から急速に伸び悩み、一時24円高の1万588円まで上げ幅を 縮小させた。

日経平均は、先週末の日本銀行による追加金融緩和観測、米雇用 統計などを受けた5日と8日の大幅高で、1月15日の高値と2月9日 の安値を上下の起点に形成された「三角保ち合い」を上放れ、一目均衡 表の抵抗帯(雲)の上限(1万502円)も明確に上回ってきた。チャ ート分析上では、強気相場入りとなっている。

個別では、東都水産や林兼産業などマグロ養殖関連株が買いを集 めた。欧州連合(EU)のマグロ国際取引禁止支持の朝日新聞報道を受 けて、養殖需要が増えると見込まれた。水産卸のホウスイは18%高と 急騰。独立系調査会社ティー・アイ・ダヴリュが、人件費削減による収 益性改善やアジア向け製品出荷の伸びで、2010年12月期営業損益の 黒字転換は確実との見方を示したスミダコーポレーションも大幅高。

半面、新日本製鉄、JFEホールディングスなど鉄鋼株が利幅圧 迫懸念で売られた。ブラジル資源大手ヴァーレが10年度の鉄鉱石の価 格交渉をめぐり、日本の鉄鋼各社に09年度と比べて90%以上の値上 げを提示したと11日付日経新聞が報じている。第三者割当増資などで 資金調達すると発表したセキュアード・キャピタル・ジャパンは、1株 価値の希薄化などが警戒され続落。

債券は下落、長期金利1.315%

債券相場は下落(利回りは上昇)。日経平均が反発したことが相 場の圧迫要因となったほか、先物市場では終了にかけて限月交代に絡ん だ売りが優勢となった。一方、この日実施された5年債入札は事前予想 通りに無難な結果だった。

東京先物市場では、3月物の取引最終日となるこの日に中心限月 が6月物に移行した。6月物は前日終値と同じ139円41銭で始まった 後、一時は3銭高の139円44銭まで上げた。しかし午後に入って徐々 に売りが優勢となり、結局は26銭安の139円15銭とこの日の安値で 引けた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の306回債利 回りは、前日比0.5ベーシスポイント(bp)高い1.305%で始まった 後、若干水準を切り下げて1.30%をつけた。しかし、午後に入ると 徐々に水準を切り上げ、2時40分過ぎからは1.5bp高い1.315%で 推移している。

財務省が午後零時45分に発表した表面利率(クーポン)0.5%の 5年利付国債(88回債)の入札結果では、最低落札価格が100円6銭、 平均落札価格は100円7銭となった。

最低落札価格は事前の市場予想(100円6銭)と一致した。最低 と平均落札価格との差である「テール」は1銭と前回から横ばいだった 。応札倍率は3.08倍で前回債の3.64倍から低下。日経テレコンによ ると、みずほ証券が2651億円を落札した。

日本相互証券によると、この日入札された5年利付国債(88回債) の利回りは、業者間市場では0.49%で寄り付いた後、午後4時5分前 後には0.50%で推移している。

円は上昇、中国引き締めの観測で

東京外国為替市場では円が上昇。中国のインフレ加速を受け、同 国の金融引き締め観測が強まる中、リスク回避の動きから対資源国通貨 を中心に円の買い戻しが先行した。

ブルームバーグ・データによると、円は主要16通貨に対して前日 の終値から水準を切り上げた。対オーストラリア・ドルでは2月の豪雇 用者数が予想を下回ったこともあり一時、1豪ドル=82円28銭まで 円高が進行。前日の海外市場では1月21日以来の円安値となる83円 32銭を付けていた。

円は前日の海外市場で対ユーロ、対ドルで2月23日以来の安値を 付けたが、この日の東京市場では買い戻しが優勢となり、対ユーロでは 一時、1ユーロ=123円2銭まで反発。対ドルでは1ドル=90円21銭 まで値を戻す場面が見られた。

中国国家統計局が11日発表した2月の同国の消費者物価指数(C PI)は前年同月比2.7%上昇と、1月の1.5%上昇を上回る伸びとな った。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中 央値は2.5%上昇だった。2月の生産者物価指数(PPI)の上昇率も 同5.4%と前月の4.3%から加速。2月の工業生産や小売売上高は前年 同月比で2桁の増加となった。

円は対ニュージーランド・ドルで前日終値比0.9%高の1NZド ル=62円99銭まで上昇。ニュージーランド準備銀行(中央銀行)が 政策決定会合後の声明で、同国の景気について「比較的停滞した状態」 との見方を示したことがNZドル売りにつながった。

同中銀はオフィシャル・キャッシュ・レートを過去最低の2.5% に据え置くことを決定。住宅価格の下落と個人消費の低迷が景気回復ペ ースを鈍らせているとし、今年半ばまで利上げを見送る考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE