財務相:政府・日銀一体で年内に物価プラス転化へ手を打ちたい

菅直人副総理兼財務相は11日午後の 参院予算委員会で、デフレ脱却について「日本銀行との一体的な方向性 を持っていかなければならない。日銀はプラスゼロからプラス2という 目安を示している」と述べた上で、「政府・日銀が共通の目標を持つこ とで、できれば今年中にはインフレ率がプラスに転化するよういろいろ な手当てを打っていきたい」と語った。佐藤信秋氏(自民)に対する答 弁。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE