シャープ:2代目社長の佐伯旭氏が死去-発展の礎築く

シャープの元社長で現最高顧問の佐 伯旭氏が慢性腎不全のため2月1日に死去した。92歳だった。同社が11 日発表した。佐伯氏は創業者の故早川徳次氏に次ぐ2代目社長で、シャ ープを町工場から国内有数の総合電機メーカーに成長させた。葬儀は近 親者のみで済ませており、社葬やお別れの会は故人の希望で行わない。

佐伯氏は1935年に早川金属工業研究所(現シャープ)に入社。連合 軍総司令部による金融引き締め策ドッジラインで日本が大不況に見舞わ れた際、50年にはシャープも経営難に陥ったが、佐伯氏が資金確保に尽 力した。

58年の専務就任以降は早川氏の右腕として活躍し、経営の中枢を担 った。70年に「シャープ」への社名変更や半導体工場建設も成し遂げ、 同年から16年間にわたる社長在任中にシャープ発展の礎を築いた第2 の創業者。

70年の大阪万博(吹田市千里丘陵)には名だたる企業が参加したが、 シャープは不参加を表明。出展資金を奈良県天理市の半導体工場建設に 充てた「千里より天理」といわれる佐伯氏の英断は有名。86年に会長を 1年間務め、87年から相談役、98年に最高顧問に退いた。町田勝彦会長 は佐伯氏の娘婿。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE