1月の米貿易赤字は拡大か、輸出上回る輸入の伸びで-BN調査

米商務省が11日発表する1月 の貿易赤字は3カ月連続で拡大したもようだ。輸出以上に輸入が伸 びたためで、世界的な経済成長の回復が示されるとエコノミストら はみている。

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関73社を対象に実 施した調査の中央値では、1月の貿易赤字は410億ドルと、昨年 12月の402億ドルから拡大したと見込まれる。一方、新規失業保 険申請件数は2週間連続での減少が予想される。

スタンダードチャータード銀行のエコノミスト、デービッド・ シーメンス氏(ニューヨーク在勤)は「世界貿易は明確に回復して いる」と指摘。「米国は輸出の増加による恩恵を受けるだろう。海 外経済は米国を上回るペースでの改善が期待できる」と語った。

1月の貿易収支は午前8時半(ワシントン時間、以下同じ)に 発表される。ブルームバーグ調査での赤字の予想レンジは370億- 440億ドル。

労働省が同時刻に発表する6日終了週の新規失業保険申請件数 は46万件(45社の中央値)と、前週から9000件減少したとみら れる。

-- With assistance from Connie Guglielmo in San Francisco, Frederic Tomesco in Montreal, and Chris Middleton in Washington.Editors: Vince Golle, Carlos Torres

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Shobhana Chandra in Washington at +1-202-624-1888 or schandra1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE