中国:2月のインフレ加速-景気刺激策解除の公算高まる

中国国家統計局が11日発表し た2月の同国の消費者物価指数(CPI)は、前月を上回る伸びを 示し、上昇率が1年4カ月ぶり高水準となった。2月の新規融資も 予想を上回り、中国政府が景気刺激策を解除する公算が高まった。

2月のCPIは前年同月比2.7%上昇と、1月の1.5%上昇を 上回る伸びとなった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト29人の予想中央値は2.5%上昇だった。1-2月の工業生産 は前年同期比20.7%増加。昨年12月は前年同月比18.5%増だっ た。2月単月では12.8%増加。

中国の温家宝首相は、世界的なリセッション(景気後退)から の回復後押しで銀行が実施した資金の大量供給を受け、今年のイン フレ率は約3%に抑えることを目指している。国内総生産(GDP) 伸び率は昨年10-12月(第4四半期)に10.7%となり、中国人民 銀行(中央銀行)の周小川総裁は6日、人民元をドルに実質的に固 定させる措置も含めた危機対応策は「遅かれ早かれ」終了する必要 があると述べた。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダの新興市場ストラテジスト、 ブライアン・ジャクソン氏(香港在勤)は、温首相が掲げるインフ レ率を達成するため中国政府は「利上げや元の上昇などあらゆる手 段を活用することが必要になるだろう」と指摘した。統計発表前に 語った。

新規融資とM2

人民銀がこの日発表した中国の2月の新規融資は7000億元(約 9兆2600億円)超となった。1月は1兆3900億元、昨年2月は1 兆700億元だった。エコノミスト予想の中央値は6000億元。

マネーサプライ(通貨供給量)の最も広範な指標であるM2の 2月の伸び率は25.5%。1月は26%だった。中国当局は今年、同 伸び率を17%に抑えることを目指している。

1-2月の小売売上高は前年同期比17.9%増、2月単月では

22.1%増だった。2月の生産者物価指数(PPI)の上昇率は5.4% と、前月の4.3%を上回った。1-2月の都市部固定資産投資は前 年同期比26.6%増。

昨年は1月だった春節(旧正月)の休暇が今年は2月にずれた ため、1、2月の経済統計はその影響を考慮する必要がある。

--Li Yanping. Editors: Paul Panckhurst, Chris Anstey.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE