ブラジル中銀総裁辞任なら3月の利上げの確率低下-野村のボルポン氏

ブラジル中央銀行のメイレレス総 裁が副大統領候補指名を目指して辞任した場合、同中銀が今月の利上 げを実施する公算は小さいようだ。野村ホールディングスの中南米ス トラテジスト、トニー・ボルポン氏はこんな見方を示した。

ブラジル誌イスト・エ(オンライン版)が9日報じたところによ ると、メイレレス総裁は10月の大統領選挙に出馬するルセフ官房長 官の下で副大統領候補の条件を満たすために3月末に辞任する見通 し。後任には中銀の金融規制担当責任者を務めるアレクサンドレ・ト ンビニ氏が就任すると同誌は情報源を明かさずに伝えた。

ボルポン氏は顧客向け電子メールで「報道されたような人事異動 が現実となれば、3月の利上げの確率はさらに低下すると考えられる」 と述べ、「左派連立政権で副大統領候補になる可能性のある人物が、 中銀総裁在任中最後の仕事として利上げを行うのは、政治的に都合が よくないだろう」と分析した。

中銀の広報担当者はブルームバーグ・ニュースの取材に対し、報 道された内容は憶測だとして、コメントを控えている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Iuri Dantas in Brasilia at +55-61-3329-1607 or idantas@bloomberg.net; Joao Oliveira in Sao Paulo at +55-11-3048-4636 or joliveira4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Joshua Goodman at +55-21-2125-2535 or jgoodman19@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE