インドのアンバニ氏らアジアの富豪、世界一の資産の伸び一フォーブス

インドのムケシュ・アンバニ氏や 香港の李嘉誠氏らアジアの富豪の資産は、過去1年間に世界最高のペ ースで伸びたことが米誌フォーブスの調査で明らかになった。

フォーブスが電子メールで配布した資料によると、アジアの富豪 の資産の合計は7290億ドル(約66兆円)で、1年前の3570億ド ルから急増した。一方、米国の富豪の資産は18%増、欧州は50%増 だった。

中国やインドなどでは経済成長の加速を受けて個人資産が拡大 する一方、欧米では停滞または縮小している。アジアの資本市場が再 び拡大し始めたことも資産家の増加を後押しした。ブルームバーグが 集計したデータによると、日本とオーストラリアを除くアジアで 2009年に実施された新規株式公開(IPO)は合計410億ドルに上 った。

フォーブスは資料で「富豪の人数で中国本土が米国以外で最高だ ったのは今回が初めて」だとし、「長者番付では米国人がまだ圧倒的 だが、彼らの優位性は低下しつつある」との見解を示した。

フォーブスによると、アジアの億万長者は234人と、1年前の 130人から増えた。中国やインドがけん引役となった。世界の長者番 付に占めるアジア勢の割合は7ポイント拡大して23%となった。

アジアの富豪トップは、インドの石油精製会社リライアンス・イ ンダストリーズのアンバニ会長で、資産は50%近く増えて290億ド ル。世界番付は昨年の7位から4位に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE