ブラジル株:続伸、中国の輸入増と融資拡大見通しで-レアルも上昇

10日のブラジル株式相場は続伸 し、2カ月ぶり高値で終了。中国の輸出と輸入がともに予想を上回 ったことに加え、アナリストが銀行の融資の伸びと資産の質が改善 していると指摘したことが好感された。

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は1.4%高。米ゴールドマ ン・サックス・グループが、原油価格の上昇で最も恩恵を受ける世 界の石油銘柄の1つとしたことが買い材料となった。ブラジル銀行 とブラジルの非政府系銀行で最大手のイタウ・ウニバンコ・ホール ディングスも続伸。米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)が、景 気回復で融資の返済遅延が減少し雇用状況が改善するなか、今年の 銀行融資は23%拡大するとの見通しを示したことが手掛かり。

レメ・インベスチメントスのアナリスト、ジョアン・ペドロ・ ブルガー氏は「鉄鉱石価格の上昇と、ペトロブラスが非常に魅力的 な投資先だとの一部見方から、商品関連が注目株となっている」と 指摘。「景気は加速しつつあり、ブラジル国民は借入比率が非常に 低いことから、与信の拡大余地は大きい」と指摘した。

ボベスパ指数は前日比0.6%高の69979.28と、1月13日以来 の高値。同指数構成銘柄のうち値上がりは48銘柄、値下がりは13 銘柄。BM&Fボベスパ小型株指数は同0.7%高の1186.61。通貨 レアルは0.4%高の1ドル=1.7688レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE