NY外為:円は全面安、株価上昇で高利回り通貨に買い

ニューヨーク外国為替市場では、 円が主要通貨に対して軒並み下落。株価上昇で投資家は成長重視に シフトし、ノルウェー・クローネやブラジル・レアルが買われた。

ドルは主要16通貨のうち11通貨に対して下落。原油価格の 上昇に伴い、資源国通貨に買いが入った。ユーロは上昇、対円で2 週間ぶりの高値を付けた。ポルトガルの借り入れコストが低下し、 ギリシャ債務危機の波及に対する投資家の懸念後退を示唆するも のと受け止められた。

ブリューワー・インベストメント・グループ(シカゴ)の上級 市場ストラテジスト、ジョン・ノリス氏は、株式市場を横目で見な がらの展開で、円が売られていると指摘。「S&P500種株価指数 が1月の高値を上回れば、ユーロにはさらに上昇の余地が出てくる」 と述べた。

ニューヨーク時間午後3時39分現在、円は対ユーロで前日の 1ユーロ=122円35銭から1%安の同123円51銭。対ドルでは

0.6%下げて1ドル=90円53銭(前日は同89円97銭)。ユーロ は1ユーロ=1.3644ドルと、前日から0.3%のユーロ高。

対ドルではノルウェー・クローネが特に上昇。米株式市場では S&P500種株価指数が0.3%高で推移。ニューヨーク原油4月限 は一時1.9%上昇し、1月11日以来の高値となる1バレル=

83.03ドルに達した。原油はノルウェーにとって最大の輸出品目。 クローネは対ドルで0.5%上昇し、1ドル=5.8717クローネ。

中国の統計では、2月の輸出が前年同月比で46%増加し、3 年ぶりの大幅増加となった。

キャリートレード

円はブラジル・レアルとオーストラリア・ドルに対して下落。 予想を上回る中国統計をきっかけに、低金利通貨で調達した資金を 高利回り資産に投じるキャリートレードが活発になった。日本の政 策金利0.1%に対し、オーストラリアは4%、ブラジルは8.75% と高く、日本はこうした取引での資金調達通貨として選好されてい る。

円は対豪ドルで0.7%安。一時は1月21日以来の安値となる 1豪ドル=83円32銭を付けた。対レアルでも0.7%円安の1レア ル=51 円3銭。

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン 氏(ロンドン在勤)は、「リスクセンチメントという意味では、状 況の改善が続くだろう。新興国通貨、および資源国通貨はこの先数 週間、他の通貨より好調な値動きになると思われる」と述べた。

ギリシャ危機は沈静化

欧州委員会のプローディ前委員長は、ギリシャ財政危機の最悪 期が過ぎたと表明し、他の欧州諸国はギリシャの轍を踏まないと述 べた。

イタリアの前首相でもあるプローディ前委員長は上海でブル ームバーグとのインタビューに応じ、「ギリシャのためにユーロシ ステムが崩壊したり、大きな打撃を受けると考える理由はないだろ う」と語った。

ポルトガルは2021年償還国債(表面利率3.85%)を9億9000 万ユーロ入札。発行額を当初計画の7億5000万ユーロから上積み したのは、ギリシャの債務危機波及に対する投資家の懸念が後退し ている兆候と受け止められた。ポルトガル10年債のドイツ国債に 対するプレミアム(上乗せ利回り)は入札後、7ベーシスポイント (bp、1bp=0.01ポイント)低下した。

ルーミス・セイルズ(ボストン)でグローバル確定利付証券部 門の共同責任者を務めるデービッド・ローリイ氏は、「ギリシャ要 因は影が薄くなり、この時点からユーロを売り叩こうとする投資家 は見当たらない」と指摘。「一安心という気持ちから、今はやや上 昇しているが、物語は一幕劇ではない。ギリシャ国債が市場でどの ように展開するかは先の長い話だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE