香港株(終了):小幅上昇、キャセイなどの決算好感-不動産株は安い

香港株式相場は小幅上昇。指標の ハンセン指数が4営業日連続で上げた。キャセイ航空とCiticパ シフィック(中信泰富)の決算内容が、中国の輸出拡大やインフレ加 速が利上げを促すことへの懸念を抑える形となった。

香港最大の航空会社、キャセイ(293 HK)は4.7%高。中国政府 系の香港投資会社のCiticパシフィック(267 HK)は7.5%高と 急伸した。キャセイの2009年7-12月(下期)とCiticパシフ ィックの09年通期は黒字だった。

一方、香港のハンルン・プロパティーズ(恒隆地産、101 HK)が

1.9%安となるなど、不動産株は安い。業種別のハンセン不動産株指数 は0.7%下落した。中国政府系の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK)も1.7%安。

ばら積み船運賃の指標であるバルチック・ドライ指数がロンドン 時間9日に下落したことを受け、中国の海運大手、中国遠洋運輸集団 (コスコ・ホールディングス、1919 HK)は1.7%安。香港の太平洋航 運(2343 HK)も2%下落した。

ハンセン指数は前日比0.74ポイント上昇の21208.29。0.4%高や

0.2%安の間で推移した。同指数を構成する43銘柄中、上昇は24銘柄、 下落は17銘柄。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.1%高の

12217.33で終了した。

2月の中国輸出は3カ月連続で増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE