パラモECB理事:ギリシャの取り組み、説得力ある-スペイン紙

欧州中央銀行(ECB)のゴンサ レスパラモ理事は、ギリシャの取り組みは説得力があるとの見解を示 した。スペイン紙エクスパンシオンが報じた。

同紙によると、ゴンサレスパラモ理事は、ギリシャの取り組みは 「ECBや国際通貨基金(IMF)、欧州委員会にとって説得力のある ものだ」と語った。

さらに「将来への責任はユーロを共有する国々にある」ものの、 現状に対応するためにIMFはテクニカルな支援を提供することで支 えることもできると述べたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE