今日の国内市況:株式続落、中期債が小幅安-円が下落

東京株式相場は小幅続落。ばら積 み船の運賃市況の反落を嫌気し、海運株が売られた。海外原油先物相場 の下落が響き、石油・石炭製品、鉱業など石油関連株も安い。

日経平均株価の終値は前日比3円73銭(0.04%)安の1万563 円92銭、TOPIXは同1.94ポイント(0.2%)安の922.44。9日 の取引と同様に、両指数とも前日終値を挟む小幅レンジでの推移が続き 、日経平均の値幅(高値から安値を引いた値)は41円と、2月16日 (43円)を下回り、今年最小を記録した。

ばら積み船の国際運賃市況のバルチック海運指数が9営業日ぶりに 反落し、川崎汽船や商船三井などが安く、東証1部の海運株指数は業種 別33指数で値下がり率1位。9日のニューヨーク原油先物が前日比

0.5%安と反落したことを受け、収益への悪影響を懸念する格好でコス モ石油、新日鉱ホールディングス、国際石油開発帝石など石油関連株も 下げた。33業種の下落率で石油・石炭製品は2位、鉱業は4位。

このほか、ソフトバンクやNTT、KDDIといった情報・通信株 が続落、野村ホールディングスなど証券株、三菱UFJフィナンシャ ル・グループなど銀行株にも売りが優勢だった。

一方、世界的な景気回復期待が醸成される中、電機や機械、ガラ ス・土石、精密機器など景気敏感株の一部が上昇、その他金融株の上げ も目立ち、相場全般を下支えした。

東証1部の売買高は概算で16億1877万株、売買代金は1兆722 億円。値下がり銘柄数が961、値上がり558。業種別指数は海運、石 油・石炭製品、情報・通信、鉱業、ゴム製品、銀行、輸送用機器、小売 など23業種が下落、その他金融、ガラス・土石製品、保険、機械など 10業種が高い。

中期債が小幅安、長期金利1.30%でこう着

債券市場では中期債相場が小幅安(利回りは上昇)。あすの入札実 施を前に5年債には売りが優勢となった。一方、手掛かり材料難もあっ て投資家が様子見姿勢を強めたことから、長期金利は1.30%付近でこ う着感が強まった。

この日は中期ゾーンには売りが先行。5年物の87回債利回りは前 日比0.5ベーシスポイント(bp)高い0.465%での推移となり、午後 3時過ぎには1bp高の0.47%をつけた。

追加緩和観測が広がった前週末以降の取引で、5年債利回りは

0.4%台半ばに水準を切り下げたが、あすの入札を前にこの日は売りが 膨らんだ。

東京先物市場の中心限月3月物は前日比3銭安い140円23銭で 始まり、しばらくは140円20銭台でのもみ合いが続いた。午後に買い が優勢となると140円37銭まで上昇して、中心限月ベースで3カ月ぶ りの高値圏に到達。結局は6銭高い140円32銭で取引を終えた。

株式市場では日経平均株価が小幅マイナス圏で推移したこともあ って、先物3月物は午後に一段高する場面があったが、市場では限月交 代に伴う買い戻しは一巡したとの見方が出ていた。実際、3月物の未決 済残高である建玉は、前週末の6兆円台から9日には3兆円台半ばまで 急減しており、この間の相場がじり高だった経緯から売り方の買い戻し が進ちょくしたとみられる。

現物市場で新発10年物の306回債利回りは前日比0.5bp低い

1.30%で始まり、その後は1.30-1.305%での小動きが続いた。

もっとも、306回債利回りは4日に1.335%をつけた後に低下傾 向にある。市場では、10年債利回りの1.3%が節目になっているとの 指摘もあるが、週末以降に再び金利がじり安に推移する可能性もある。

円が対資源国通貨で下落

東京外国為替市場では、円がオーストラリア・ドルなどの資源国・ 高金利通貨に対して下落。中国の経済指標が堅調になるとの観測を背景 に、低金利の円にリスク選好に伴う売り圧力がかかった。

円は高金利通貨のニュージーランド・ドルに対して一時1NZドル =63円63銭と、2月23日以来の安値を更新。資源国・高金利通貨の 豪ドルに対しても一時1豪ドル=82円50銭と、2営業日ぶりの水準 まで下落している。

ドル・円相場は対他通貨での円売りが波及する格好となり、午後の 取引で一時1ドル=90円11銭と、前日のニューヨーク時間午後遅く に付けた89円97銭からやや円が水準を切り下げている。

ユーロ・円相場は午前の取引で一時1ユーロ=122円60銭と、ニ ューヨーク時間午後遅くに付けた122円35銭から円安が進行。午後も 122円台半ば近辺で取引された。

中国で10日に発表された2月の貿易統計によると、輸出が前年同 月比で45.7%増と、ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想の

38.3%増を上回る伸びとなった。また、輸入も同44.7%増と、市場予 想の38%を上回った。

中国ではあすも引き続き、2月の物価関連指標のほか、小売売上高 や鉱工業生産などの重要指標が発表される。

一方、ギリシャの財政再建計画の実現性に不透明感が残るほか、他 のユーロ参加国の財政赤字問題も懸念されていることから、ユーロ買い を進めにくい面も残る。

ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.35ドル台後半を中心に、前日の ニューヨーク時間午後遅くに付けた1.3602ドルからユーロが水準を切 り下げて推移した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE