昭和シェル:4-6月の原油処理量は740万キロリットル

昭和シェル石油は10日、4-6月期 の国内向け原油処理量を前年同期比3%減の580万キロリットルにする と発表した。輸出数量は同4.5倍増の160万キロリットルにする。国内の 製品需要が引き続き低迷していることから、同社は京浜製油所水江工場 の常圧蒸留装置(処理能力・日量6万5000バレル)の運転を4月初めか ら約2カ月間停止する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE