悲観論者を裏切ったオバマ米大統領-景気は回復、株価や資産価格上昇

政治の世界では、オバマ米大統領 の経済運営能力は低いというのが大方の一致する意見かもしれない。 しかし、マネーが絡んだ現実の市場の判断は、圧倒的にプラスだ。し かもこの評価は今後も続く可能性がある。

米国株が2009年3月9日に金融危機後の最安値を付けてから1 年で、S&P500種株価指数は68%余り上昇。オバマ大統領の就任以 降の上昇率は41%を上回っている。信用スプレッドは縮小し、商品相 場は大幅高。住宅価格は安定した。

ミラー・タバクの主任経済ストラテジスト、ダン・グリーンハウ ス氏は「あらゆる資産で驚異的な現象が起きた。オバマ大統領がもし 共和党所属なら、市場は大統領に賛成票を投じたとするニュースが後 を絶たないことだろう」と述べた。

米経済は実際、オバマ大統領就任時の予想を超える回復力を示し た。昨年10-12月の国内総生産(GDP)は前期比年率5.9%増。09 年1月20日の就任の1週間前にブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト予想中央値は2.0%増だった。2月の調査では、今年の 成長率は中央値で3.0%が予想され、これもその1年1カ月前の2.1% 見通しを上回った。

アライアンス・バーンスタインのエコノミスト、ジョゼフ・カー ソン氏は「オバマ政権ならびに米連邦準備制度理事会(FRB)を高 く評価せざるを得ないだろう」と指摘。「1年前は恐怖と懸念だらけだ った。経済活動は落ち込むだけでなく、11年までいかなくとも10年 まで低迷がずっと続くとの見通しが強かった」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE