中国、景気刺激策の規模縮小に向け圧力強まる-輸出回復で

中国の2月の輸出は3カ月連続 で前年同月比プラスとなり、伸び率は市場予想を上回った。輸出回 復を受け、世界的なリセッション(景気後退)に伴い導入された景 気刺激策の規模縮小を政策担当者らに求める圧力が強まっている。

税関当局が10日、ウェブサイトで公表した資料によれば、中国 の2月の輸出は前年同月比46%増加。1月は同21%増だった。前 年同月の水準は、危機による世界貿易の縮小で抑えられた。2月の 貿易黒字は春節(旧正月)の休暇の影響もあり、約76億ドル(約 6850億円)と1年ぶり低水準にとどまった。

輸出改善で製造業の過剰生産能力が減り、物価上昇をもたらす 可能性がある。11日に発表される2月の消費者物価指数は、伸び 率が1年4カ月ぶり高水準に達したと見込まれている。中国の温家 宝首相は今年最大の懸念として、不動産投機や銀行融資の質に加え、 物価上昇圧力を挙げていた。

ドイツ銀行の中国担当主任エコノミスト、馬駿氏(香港在勤) は「輸出の急速な増加でインフレ圧力が強まり、国内の政策引き締 めに向けた議論が高まっている」と指摘した。

2月の輸入は前年同月比で45%増。1月は86%増だった。中国 の輸入増加は、世界の成長のけん引役としての同国の役割が拡大し ていることを浮き彫りにしている。

--Kevin Hamlin, Li Yanping, Sophie Leung. Editors: Chris Anstey, Paul Panckhurst.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Sophie Leung in Hong Kong at +852-2977-6126 or sleung59@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE