亀井氏:企業団体献金、民主だけ自粛すればいい-首相方針に反論

「民主党がどうしてもおやりにな るというのなら、法律ではなくて党だけで企業団体献金を自粛して政 治活動をおやりになってみたらどうか」-。亀井静香金融・郵政担当 相(国民新党代表)は10日午後の参院予算委員会で、企業・団体献 金の全面禁止を目指す鳩山由紀夫首相(民主党代表)の方針に反論、 そのための政治資金規正法改正に否定的な見解を示した。

亀井氏は、政治資金の改革論議について「何か事件が起きるたび に政治資金規正法の改正を重ねてきた。木造建築にプレハブを継ぎ足 して、さらに鉄筋を継ぎ足して政治がよくなったか。民意を本当にく み上げて政治を力強くやっていく、そういう政治に変わったのか」と 疑問を投げ掛けた。藤末健三氏(民主)への答弁。

亀井氏に先立ち、鳩山首相は藤末氏が企業・団体献金禁止を求め たのに対し、「分かりやすい形で企業団体献金を一切禁止することを 各党協議の中で決めてほしい」と語り、同法改正への意欲を改めて示 していた。

一方、亀井氏はこうした民主党の姿勢について、「マスコミ向け にいい格好をするのではなくて、どうやったら本当に政治がクリーン に力強くなっていくのか。企業・団体献金禁止というが鳩山首相のよ うに裕福な家庭に生まれた方は何も献金が受けなくてもできるが、わ たしなんかとても立候補すらできなかった」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE