米マスターズでウッズ優勝のオッズが低下-練習再開で期待高まる

謹慎中の男子プロゴルフのタイガ ー・ウッズがコーチと再びコースでの練習を開始したことから、マス ターズでのウッズ優勝のオッズ(賭け率)が下がっている。

メジャー大会通算14勝のウッズは、不倫騒動でツアー出場を自粛 した約4カ月の間プレーをしていない。ツアー復帰に自ら言及したわ けではないが、専門CATV(ケーブルテレビ)局ゴルフ・チャンネル や専門誌ゴルフ・ダイジェストが、ウッズがコーチのハンク・ヘイニ ー氏とフロリダ州アイルワースの自宅近くにあるプライベートクラブ で練習を開始したと伝えたほか、ツアープロのチャールズ・ハウエル はウッズと練習場で遭遇したことを明らかにした。

ウッズはアマチュアだった1995年以降、マスターズを欠場したこ とがない。英国2位の賭け屋ウィリアム・ヒルによると、4大メジャ ートーナメント第一弾の同大会(4月8-11日、ジョージア州オーガ スタで開催)で、ウッズ優勝のオッズは3対1。先週のオッズは9対 2と優勝期待がそれほど盛り上がっていなかった。

同社広報担当のルパート・アダムズ氏は電話インタビューに対し、 「ウッズ選手が練習場に現れたと報じられ、オッズは変わり始めた」 と語った。同社では、賭け金の99%がウッズ出場に流れたため、同選 手の欠場に対するオッズをやめたと説明。

ウッズがマスターズの予選ラウンドを通過するオッズは1対20。 これは100ドルを賭けて勝っても5ドルしかもうけがないことを意味 する。上位10位に入賞するオッズは1対4。アダムズ氏はブランクが あってもウッズは優勝者に贈られるグリーンジャケットを獲得する有 力候補だと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE