武者リサーチ代表:米経済は驚異的拡大へ-ドル復活と日本株高を予想

経済・金融市場分析や中長期的予 想を手掛ける武者リサーチの武者陵司代表(60)は、米国経済が驚異 的な強さで拡大すると予測した。これが今年最大のサプライズになり、 この考えを基本にすべての投資戦略を練るべきだと提唱した。

元ドイツ証券副会長の武者代表は9日の都内の講演で、世界経済 の鍵を握る米経済を評価するため、まず米企業経営者の先行きへの認 識の把握が必要だと指摘。企業経営者は企業の在庫、雇用、設備投資、 バランスシートの4つのデータに基づき資金を前向きな投資に振り向 けようとしており、「米経済は回復の入口にある」と判断した。

このため政策金利は米国が上げ方向、日本は下げ方向になると分 析、円キャリートレードにより「相当の勢いで円安になる」と予想し た。円相場は1980年代後半から常に購買力平価を上回る円高で、経済 論理では説明できなかったと指摘。背景には日本の異常な競争力を封 じ込める力があったが、中国の台頭でこうした力がなくなるとも予測 した。

武者代表は、円安進行を前提に日経平均は当面1万4000円までの 上昇余地があるとの認識を示し、中期的には2万円は超えると予想し た。日本企業はバブル経済崩壊後の20年間にコスト削減とグローバル 化を急速に進めたと評価。1ドル=115円程度まで円安が進めば「こ の成果の花が開く」と述べた。

米国の2009年第4四半期(10-12月)実質国内総生産(GDP) は年率5.9%増と、速報値(5.7%)から上方修正された。今後の経済 のポイントとなる労働環境についてモルガン・スタンレーのデービッ ド・グリーンロー主任債券エコノミストは9日、3月の米雇用者数が 4年ぶりの30万人増える可能性があると指摘している。

武者代表は09年6月末にドイツ証副会長を退任、幅広い顧客に調 査リポートなど情報サービスを提供したいとの意向から武者リサーチ を立ち上げた。現在はドイツ証券やドイツ銀行のアドバイザーも務め る。武者リサーチはドイツ証券と情報提供契約を結んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE