ルーマニア:S&Pが信用格付け見通しを「安定的」に変更

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は、ルーマニアの信用格付け見通しを「ステ ーブル(安定的)」に変更した。国際的な金融支援を受けた際の財政上 の条件を満たしていく姿勢を同国政府が示しているためと説明してい る。

S&Pは9日遅く発表した資料で、ルーマニアの「BB+」信用 格付けの見通しを「ネガティブ(弱含み)」から変更したと明らかにし た。

S&Pのクレジットアナリスト、マルコ・ムルシュニック氏は発 表資料で、「格付け見通しの変更は、ルーマニアの持続的な財政再建計 画に対する当社の見方や、同国政府が国際通貨基金(IMF)と欧州 連合(EU)とのスタンドバイ合意を引き続き順守し、財政をめぐる 外圧が緩和されるとした当社の意見を反映している」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE