ソブリン債CDS禁止「政府債バブル」助長も-ウニクレディトが警告

【記者:Abigail Moses】

3月9日(ブルームバーグ):ソブリン債を保証するクレジット・ デフォルト・スワップ(CDS)を規制すれば、「政府債バブル」の 発生を助長しかねないとイタリアの銀行ウニクレディトが警告して いる。

ギリシャ絡みのCDSでヘッジファンドや金融機関が利益を上 げたとの批判を踏まえて、各国の政策担当者らはデリバティブ(金融 派生商品)の規制を提唱している。ギリシャのパパンドレウ首相は9 日、オバマ米大統領と会談したが、「無節操な投機家」との闘いへの 支援を強く求めるとの観測が出た。

ウニクレディトの信用ストラテジスト、ティム・ブルーネ氏(ミ ュンヘン在勤)は、ギリシャの債務危機をデリバティブのせいにする のは「原因と結果を混同している」と指摘。ソブリン債を保証するC DSを禁止すれば、「金融リスクの誤った価格評価」につながる恐れ があると懸念を示す。

同氏は「CDSは信用市場の効率改善のために存在する。ソブリ ン債のCDSを葬り去るだけでは、政府債のバブル発生を助長するこ とになる」と話す。

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)は8日、ギリシャ国債に対 する投機にCDSが用いられた証拠を、市場のデータは示していない と発表した。しかし、ドイツのメルケル首相は9日、CDSを早急に 規制する必要がギリシャの金融危機によって示されたと述べ、ユーロ 圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長(ルクセンブルク首 相兼国庫相)も、政策担当者は投機家による金融市場のかく乱を防ぐ 必要があると訴えている。

原題:Credit Swap Ban to Spur Sovereign Debt ‘Bubble’,

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE