カシオ株続伸、来期営業損益200億円黒字可能と社長発言(Update1)

カシオ計算機の株価が4日続伸 し約2カ月ぶりの高値を付けた。樫尾和雄社長は日本経済新聞の取材 に対し「2011年3月期の連結営業損益は200億円の黒字が可能」と 見通しを示した。午前終値は前日比26円(3.7%)高の723円。

同社の今期(10年3月期)の営業損益予想は300億円の赤字。 10日付の日経新聞の報道によると、同社長は赤字だった携帯電話事 業と液晶事業の来期からの持ち分法適用会社化や新製品効果でデジタ ルカメラ事業でも黒字が見込まれることで、営業損益が回復するとし ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE