アジア株:もみ合い、原油や海上運賃安を嫌気-豪テルストラは高い

10日午前のアジア株式相場はもみ 合い。海上運賃の下落で海運株が売られる一方、オーストラリア最大 の電話会社テルストラは事業分割を免れるとの観測から値上がりした。

韓国のばら積み船運航最大手、STXパン・オーシャンは1.9% 安。川崎汽船も値下がり。ばら積み船の国際運賃指標であるバルチッ ク海運指数が約2週間ぶりに低下したことが響いた。オーストラリア 最大の石油生産会社、BHPビリトンは0.9%安。原油先物相場の続 落が嫌気された。豪テルストラは2.1%上昇。オーストラリア政府が 同社に事業分割を強制できない可能性があると報じられた。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時26分現在、前 日比ほぼ変わらずの122.73。上昇銘柄と下落銘柄の割合は約1対1。 同指数は昨年3月9日に付けた2008年9月の米リーマン・ブラザー ズ・ホールディングス破たん以後の最安値から74%上昇している。

-- Editor: Nicolas Johnson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net; Satoshi Kawano in Tokyo +81-3-3201-2483 or skawano1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nicolas Johnson at +81-3-3201-8343 or nicojohnson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE