米上院:破たん金融機関の事業縮小で500億ドルの基金を検討-関係者

米上院の交渉担当者らは、米大手 金融機関から徴収した資金で500億ドル(約4兆5000億円)規模の 信託基金を創設することで合意に近づいている。ゴールドマン・サッ クス・グループやシティグループなどが含まれる可能性が高く、基金 は破たん金融機関の段階的事業縮小に利用される見通し。上院議員の 側近と協議に詳しい関係者らが明らかにした。

協議は非公開だとして側近2人が9日匿名を条件に語ったところ によると、マーク・ウォーナー議員(民主、バージニア州)とボブ・ コーカー議員(共和、テネシー州)は、納税者からの資金を使用せず に秩序ある方法で企業を解散させる仕組みの創設に近く合意する。ガ イトナー米財務長官は9日にウォーナー、コーカー両議員と金融規制 改革案協議について会談したが、合意に達しなかったと、事情に詳し い関係者1人は語っている。

大手金融機関を閉鎖する権限で合意に達すれば、上院審議を行き 詰らせていた障害の一つが取り除かれることになるが、側近らによる と、同権限やより広範囲な措置に関してまだ最終合意に至っていない という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE