米カーライル、エアリンク売却に向けゴールドマンを起用-関係者

世界2位のプライベートエクイティ (未公開株、PE)投資会社、米カーライル・グループは防衛・航空 事業を手掛ける傘下のエアリンクの売却先を探すため、米ゴールドマ ン・サックス・グループを起用した。事情に詳しい複数の関係者が明 らかにした。

計画が公表前であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったと ころでは、エアリンクの売却額は約10億ドル(約900億円)となる見 込みで、他のPE投資会社から買収提案を受ける公算もあるという。 エアリンクは、軍事コンサルティング業務や航空機パイロットの地上 との交信を支援するシステムの設計に携わっている。

PE投資会社は、企業の合併・買収(M&A)活動を再開しつつ あり、これまでの買収の成果も出始めている。過去2年余りは、新た な買収も、既に所有する企業の売却も難しかった。

カーライルとゴールドマンの広報担当者はいずれもコメントを控 えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE