2月のヘッジファンド指数:世界市場の回復で0.5%上昇-北米が好調

シンガポールの調査会社ユーリカヘ ッジによると、2月のユーリカヘッジ・ヘッジファンド指数(速報値) は前月比0.5%上昇となった。MSCI世界指数が1.2%上昇するなど 世界的な市場回復が背景にある。また、ヘッジファンドの母集団の65% を占める北米指数の大幅上昇も寄与した。

ユーリカが9日時点で把握しているヘッジファンドの純資産価値 (NAV)の39%を集計した。地域別では北米指数の同1.4%上昇が目 立った。堅調な企業業績、米ドル、商品相場のほか、低金利を維持する 米連邦準備制度理事会(FRB)の姿勢を背景に市場心理が改善し、フ ァンド収益の増加につながった。

そのほかラテンアメリカ指数は0.5%上昇、日本を除くアジア指数 は0.18%の上昇、日本指数も0.07%とわずかながら上昇した。一方、 欧州指数は、ギリシャの債務不履行が懸念される中でユーロ安が進み

0.66%下落した。

戦略別の指数では、CTA(商品先物)戦略は1.3%上昇、価格差を 利用して利ザヤを稼ぐ裁定取引の一種であるリラティブ・バリュー戦略 が1.2%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE