米AGL子会社の社長を遺体で発見、ミシシッピ川で-地元警察

米天然ガス会社AGLリソーシ ズの子会社シークエント・エナジー・マネジメントのダグラス・シ ャンツ社長が9日、ミシシッピ川で遺体で見つかった。ニューオー リンズ警察が同日発表した。

同社によると、シャンツ社長(54)は複数の従業員とともに外 出後、5日早朝にニューオーリンズの繁華街バーボンストリートで 目撃されたのを最後に行方が分からなくなっていた。

タイムズ・ピカユーン紙(オンライン版)によると、ニューオ ーリンズ警察のウォーレン・ライリー本部長は9日午前、シャンツ 社長がバーボンストリートを後にし、一人でミシシッピ川に向かっ て歩いていく防犯カメラの映像が残っており、同社長が川に落ちた ものとみていると発表した。

AGLは8日、ピーター・ツミネロ執行副社長がシークエント の社長代行を務めると発表。シャンツ社長の捜索に2万5000ドル (約220万円)の懸賞金を提示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE