米社債保証コスト、3日ぶり上昇-クレジットデリバティブ

9日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが3営業日ぶり に上昇に転じた。

CMAデータビジョンによれば、北米の投資適格級企業125社で 構成するマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、1.2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の83.7bp。前日は 1月14日以来の低水準に達していた。スプレッド上昇は通常、投資家 心理の悪化を示す。

2008年9月に米政府によって救済された米保険会社アメリカ ン・インターナショナル・グループ(AIG)の社債保証コストは、 4営業日連続で低下。傘下の生命保険2部門を総額510億ドル(約4 兆6000億円)で売却すると発表したことを受けて、同社が資産売却を さらに進めるとの観測が高まった。CMAの調べでは、AIGのCD Sスプレッドは13bp低下の351bpと、08年8月19日以来の低水 準。

JPモルガン・チェースによると、ロンドン市場では、投資適格 級の欧州企業125社で構成するマークイットiTraxx欧州指数の スプレッドが0.25bp下げて74bpとなった。

-- Editors: Chapin Wright, Alan Goldstein

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Shannon D. Harrington in New York at +1-212-617-8558 or sharrington6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE