ビッグス氏:新興市場株は世界で最も妙味ある-中国とインドを選好

米ヘッジファンドのトラクシス・パ ートナーズのマネジングパートナー、バートン・ビッグス氏は、世界 で最も妙味のある株式市場は新興市場だと述べた。同氏は米国株の指 標が1990年代以降の最安値を付けていた1年前に米国株の買いを推 奨していた。

ビッグス氏は9日、ブルームバーグテレビジョンのインタビュー に答え、「わたしはアジアの新興市場を選好している。現時点では特に 中国とインドだ」と述べた。

参考画面:翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Eric Martin at +1-212-617-5383 or emartin21@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE