【米個別株】航空株、スプリント、ヤム・ブランズ、シティグループ

9日の主な銘柄は以下の通り。

航空株:米ユナイテッド航空の親会社UAL(UAUA US)が2月 の1マイル当たりの平均旅客収入が17-19%増加したと発表したほ か、AMRも2月の旅客収入が暫定値で前年同月比6.5-7.5%増加 したと発表したことを受けて航空株が買われた。UALは3.7%高の

18.16ドル。

シティグループ(C US):7.3%高の3.82ドル。米誌フォーチュン (オンライン版)は、ファンドマネジャーのブルース・バーコウィ ッツ氏が最近、7億ドル相当のシティグループ株を購入したと伝え た。米政府が株式の27%を保有するシティグループは最悪期を脱し たと同氏は指摘したという。

ファースト・ソーラー(FSLR US):2.2%安の106.22ドル。J Pモルガン・チェースは、薄膜太陽電池モジュール・メーカー最大 手の米ファースト・ソーラーの投資判断を「ニュートラル」から 「アンダーウエート」に引き下げた。

スプリント・ネクステル(S US):6.5%高の3.62ドル。米携帯電 話サービス会社スプリント・ネクステルは債務残高を減らし、コス ト抑制を進めると発表した。

ヤム・ブランズ(YUM US):3.4%高の36.60ドル。UBSは 「ピザ・ハット」や「タコ・ベル」を傘下に置く飲食店チェーン、 ヤム・ブランズの投資判断を「ニュートラル」から「買い」に引き 上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE