フィッチ:ギリシャが赤字削減計画を実行する保証はない

格付け会社フィッチ・レーティング スのディレクター、クリストファー・プライス氏は、ギリシャ政府が 財政赤字削減計画を実行に移すとの保証はないとの認識を示し、内閣 に不協和音の最初の兆候が表れ始めていると指摘した。

プライス氏は9日、ロンドンでの会議で、ギリシャは先月「説得 力のある」予算を示しており、先行きは短期的には「恐らく問題ない」 と語った。その上で同氏は、向こう6-9カ月の見通しはより不透明 であり、フィッチはギリシャ政府よりアイルランド政府の方を信頼し ていると述べた。フィッチはギリシャ国債格付けを昨年12月8日に 「A-」から1段階引き下げ、投資適格級で下から3番目の「BBB +」とした。格付け見通しは「ネガティブ」。

プライス氏は「世論は驚くほど支持しているが、水面下では不満 の声もくすぶっていることは確かであり、ギリシャ内閣内に不協和音 が出始めていることは明らかだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE