米雇用は3月に30万人増も、大雪による影響の反動で―ウェズベリー氏

米ファースト・トラスト・ポート フォリオズのチーフエコノミスト、ブライアン・ウェズベリー氏は、 米国の雇用が3月に30万人増加する可能性もあると述べた。先月は 各地が大雪に見舞われ、一部地域の企業が雇用を見送ったケースも あり、今月はその反動が見込まれるのが理由だ。

ウェズベリー氏は9日、ブルームバーグラジオのインタビューで、 「雇用増は容易に予想がつく」と述べ、「30万人という規模の雇用 増が持続するとは考えていないが、3月は明らかにその程度まで伸 びる可能性がある」と続けた。

米労働省が5日発表した2月の雇用統計によると、失業率は9.7% で前月比変わらず、雇用者の純減幅は3万6000人と市場予想を下回 った。

原題:U.S. Economy Could Add 300,000 Jobs This Month, Wesbury Says

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE