EU:ソブリン債のCDS、一部販売禁止も-欧州委が検討

ギリシャの債務危機を受けて、ソ ブリン債を保証する一部のクレジット・デフォルト・スワップ(C DS)の販売が欧州連合(EU)によって禁止される可能性がある。 EUの行政執行機関である欧州委員会のバローゾ委員長が明らかに した。

バローゾ委員長は9日、欧州議会で演説し、欧州委として「ソ ブリン債を保証する純然たる投機目的のCDS販売を禁止する妥当 性」を検証する方針を表明した。

同委員長はまた、「ギリシャの現在の問題が金融市場の投機に よって引き起こされたわけでないことが事実ならば、このような投 機が事態を悪化させる要因として働いたことも事実だ」と語った。

ドイツのメルケル首相やユーロ圏財務相会合(ユーログループ) のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)もこの日、ギリシ ャで発生したような財政危機の再発を防止するため、CDSの厳格 な規制を訴えており、デリバティブ(金融派生商品)取引の取り締 まりでバローゾ委員長と共同歩調を打ち出した。

ロンドン・ビジネス・スクールのリチャード・ポルテス教授 (経済学)は9日の電話インタビューで、一部のCDSについて、 「価格決定や流動性に大きく貢献するわけではない」と述べ、「有 用な用途はなく、むしろ危険だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE