中国株(終了):続伸、不動産対策をめぐる懸念が緩和-人寿保険高い

9日の中国株式市場で、上海総合指 数は上昇。不動産開発と保険株が上げをけん引した。中国人民銀行(中 央銀行)当局者が不動産市場の沈静化に向けた追加措置は必要ないと の認識を示したほか、同国最大の保険会社である中国人寿保険が2009 年通期決算の見通しを上方修正したことが好感された。

時価総額で中国2位の不動産開発会社、保利房地産集団(600048CH) と金地集団(600383 CH)はともに4%余り上昇。中国人寿保険(601628 CH)は3.3%高。同社は09年通期の利益が3倍以上に増加するとの見 通しを明らかにした。新株発行の計画を公表した中国南方航空(600029 CH)は一時、7カ月ぶり高値を付けた。

建設会社の四川路橋(600039 CH)は中国西部地域に拠点を置くイ ンフラ関連会社の下げを主導。ここ最近の上昇は行き過ぎだとの観測 が嫌気された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比15.91ポイント(0.5%)高の3069.14で取引 を終了。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は同

0.6%高の3305.86。

チャイナ・インターナショナル・ファンド・マネジメントのスト ラテジスト、張秀奇氏(上海在勤)は「政府が厳しい不動産対策を講 じるとの懸念は行き過ぎていたようだ」と指摘。「不動産開発株は割安 な水準になっている」と語った。

-- Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Reinie Booysen

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Reinie Booysen at +65-6212-1154 or rbooysen@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE