中国:金が外貨準備の第一の投資先となる公算は小さい-SAFE局長

中国国家外為管理局(SAFE) の易綱局長は、同国が保有する外貨準備を多様化する上で、金が第 一の投資先になる公算は小さいとの認識を明らかにした。価格リス クを理由に挙げている。

同局長は9日、北京での記者会見で、「金相場はここ数年間、 かなり上昇している」としたものの、「過去30年間の動向を振り返 れば、大きな上げ下げが何度もあった」と述べた。中国は世界最大 の金生産国で、消費量はインドに次ぐ2位。

SAFEが昨年4月公表したところでは、中国は2003年以来、 金保有を454トン増やし1054トンとしており、国別では世界5位 の保有国となっている。同国の金保有は現在の価値にして379億 6000万ドル(約3兆4000億円)相当。

易局長は、「金が中国の外貨準備の第一の投資先となる公算は 小さい」と指摘。「世界の金市場の規模は小さく、中国が購入すれ ば価格は上昇するだろう。それは中国の金消費者に打撃を与えるこ とにもなる」と説明した。同局長によれば、中国で個人が保有する 金は3000トン余りだという。

産金会社が出資する業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル (WGC)は2月22日、国際通貨基金(IMF)の金売却先として、 中国は「現実的な候補」ではないとの見方を示していた。

--Belinda Cao and Yanping Li in Beijing. With assistance from Glenys Sim in Singapore. Editors: Richard Dobson, Matthew Oakley

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Yanping Li in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net Belinda Cao in Beijing at +86-10-6649-7570 or lcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Poole in Singapore at +65-6212-1551 or jpoole4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE