元NFL選手のスティーブ・ボノ氏、富裕層向け資産運用会社に移籍

富裕層向け資産運用会社の米コン ステレーション・ウェルス・アドバイザーズは8日、米ナショナル・ フットボールリーグ(NFL)の元クオーターバック、スティーブ・ ボノ氏(47)がプリンシパルとして入社したと発表した。

同社のジョン・ゴールドスタイン共同最高経営責任者(CEO) は発表文で、ボノ氏は「カリフォルニアのスポーツ・シンボルであり、 サンフランシスコ・ベイエリアの地域社会に積極参加している。金融 サービス業界での才能も証明済みだ」と指摘した。

サンフランシスコを本拠とする投資銀行シンクエクイティから コンステレーションに移籍したボノ氏は同日、電話インタビューで 「ベイエリア周辺の富裕層に会うつもりだ。わたしの現況を尋ねる人 は多く、話をすることにとても興味を持っているようだ。ここ数年の 金融業界の状況や、現在の財務アドバイザーに対する不満が影響して いるのだろう」と語った。

コンステレーションによると、同社は投資可能資産1000万ドル (約9億円)以上の顧客にサービスを提供している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE