新興市場株:6週間ぶり高値、ギリシャとドバイ債務懸念の後退で

8日の新興市場国株式は約6週間ぶ りの高値を付け、債券価格と通貨も上昇した。ギリシャとアラブ首長 国連邦(UAE)ドバイ首長国の債務問題が解決に一段と近づいたこ とや、世界的な景気回復が勢いを増している兆候が増えていることが 背景にある。

MSCI新興市場指数は、ニューヨーク時間午後5時(日本時間 9日午前7時)現在、前週末比1.1%高の986.08と、1月20日以来 の高値で終了した。マレーシア・リンギット、韓国ウォンを中心に新 興国通貨が米ドルに対して上昇。新興市場国の国債の米国債に対する スプレッド(利回り格差)は10ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下し2.62ポイントと、1月11日以来の低水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE