米TI:1-3月期利益は従来予想レンジの上限近い見込み

米半導体メーカー2位のテキサス・ インスツルメンツ(TI)は、2010年1-3月(第1四半期)の利益 と売上高が従来予想レンジの上限付近に達するとの見通しを示した。 通信システムや工業機械向け製品の需要拡大が貢献している。

8日のTIの発表文によると、1-3月期の1株利益は48-52 セント、売上高は30億7000万-31億9000万ドルの見通し。同社が 1月に発表した従来予想では、レンジ下限が売上高は29億5000万ド ル、1株利益は44セントとなっていた。

トーマス・ワイゼル・パートナーズのアナリスト、トーレ・スバ ンバーグ氏によると、欧米の通信システムや自動車、工場機械メーカ ーがTIへの部品発注を増やしている。同社は洗濯機からスーパーコ ンピューターに至るまでさまざまな機器に搭載されているアナログ半 導体の最大手。このため業績は、エレクトロニクス製品需要の広範な 指標となる。

ウェッドブッシュ・モーガン・セキュリティーズのアナリスト、 パトリック・ワン氏は「半導体業界のあらゆる統計が健全さを維持し ている」と説明。その上で、一部投資家は予想レンジの上限も引き上 げられるとみていたと指摘した。

ブルームバーグがまとめたアナリスト予想では、1-3月期の業 績は1株利益が49セント、売上高が30億9000万ドルの見込みだった。

TIの8日株価終値は前週末比28セント安の24.69ドル。昨年1 年間の騰落率はプラス68%。発表後の時間外取引では一時24.60ドル と、終値に比べ9セント下落した。

-- Editors: Jonathan Thaw, Nick Turner

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Ian King in San Francisco at +1-415-617-7171 or ianking@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jonathan Thaw at +1-415-617-7168 or jthaw@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE