米マクドナルド:2月既存店売上高4.8%増、オリンピックや春節効果

外食産業最大手、米マクドナルド の2月の世界既存店売上高は前年同月比で4.8%増と、アナリスト予 想を上回った。

マクドナルドが8日発表した資料によると、米既存店売上高は

0.6%増、1ドル朝食メニューやオリンピックをテーマにしたチキン ナゲットの売り上げが好調だった。欧州市場の売上高は5.4%増、ア ジア中東アフリカ市場は、中国の春節(旧正月)の祝日が寄与し同

10.5%伸びた。

ジェフリーズやロバート・W・ベアードなど4社のアナリスト予 想の平均では、世界売上高は4%増だった。米国市場は同1%増、 欧州とアジア中東アフリカ市場についてはいずれも6.5%増が予想さ れていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE